カードローンとフリーローンの相違点

カードローンとフリーローンには、以下のような相違点があります。

「借り入れ回数」。

カードローンは、限度額の枠内なら、何回でも借り入れすることができます。

しかし、フリーローンは、1回借り入れたら、返済するまで次の借り入れはできません。

上限が100万円だったとして、60万円だけ借り入れた場合、40万円の枠が残っていますが、これを借りるにはまず60万円を返す必要があるということです。

「金利」。

基本的に、フリーローンのほうが低い傾向があります。

ただし、銀行によってはほぼ同じだったり、逆にカードローンのほうが低かったりすることもあるので、一概にはいえません。

「2回目以降の融資の速さ」。

カードローンであれば、限度枠が残ってさえいれば、2回目以降の融資はすぐに受けられます。

しかし、フリーローンは上述のとおり、限度枠が残っていても、まずは借りた分を返してから、改めて審査を受ける必要があります。

「借り入れ状況の把握のしやすさ」。

カードローンは、上述のように何度でも借り入れができますが、その分現在の状況を把握しにくくなります。

一方、フリーローンだと、1回借りたらそれを返すだけなので、状況が分かりやすいといえます。


このページの先頭へ