カードローンの加入に前に知っておくべきこととは

カードローンには、どのような利用方法があるのでしょうか。

もちろんお金を借りる目的で、利用することができます。目的は様々で、買い物や旅行などに使う方法もあれば、引っ越しの費用にも使えますし、急な入院などで借入をすることもできます。それから、複数の借入を一本化する、おまとめローンとして使うこともできます。

カードローンには、銀行の商品と消費者金融の商品がありますが、前者は低金利で審査が厳しい、後者は高金利で審査が緩いと考えておきましょう。

高金利といっても、消費者金融の上限は20パーセントで、以前よりはかなり低くなっていますし、それよりも低い金利で貸してくれる会社もあります。借りる前には計画を立て、目的以外にはなるべく使わないようにしましょう。

借入期間は短く、借入額は少なくするのがおすすめです。また最近では、一月以内であれば金利がつかないカードローンなどもありますので、短期間だけ借りたい時は、こういう商品を選ぶといいでしょう。それから、よくカードローンの返済が延びると、一日中電話がかかって来るとか、あるいは社員が家に来るなどといわれますが、実際はそのようなことはありません。

今ではこのようなことが行われるのは、違法業者の闇金だけです。

闇金は金利が高く、しかも取り立てが厳しいので、絶対に利用しないようにしましょう。

連絡先が携帯しかないとか、申し込みで、本人確認や収入証明以外の書類が必要という場合は、闇金の可能性が高いと考えておいてください。

ただし入金が遅れた場合は、オペレーターから電話が1日に何度かかかりますし、それでも入金がされない時は、督促状が来るようになります。それからカードローンは色々な目的に使えますが、ギャンブルには使えないと考えておきましょう。

従って、ギャンブル目的でカードローンを申し込んでも通らないことが多いです。

またもし借りたお金でギャンブルをして、返済できずに債務整理をしようと思っても、債務整理が認められないこともあります。

このページの先頭へ