銀行カードローンと消費者金融のキャッシングの違い

カードローンとキャッシングの意味は大きな違いはありません。しかし運営母体が銀行と消費者金融で違うために、その内容は少々異なるものとなっています。ここでは、それぞれの違いとどちらをどんな場合に利用すればよいのかといったことについて描いていきたいと思います。

銀行カードローンの特徴は、金利の低さと借入限度額の大きさ、審査の難しさです。金利が安く済み沢山借り入れることができるのでこれを選ぶ人は多いですが、一方で審査の通貨率は20%から30%とかなり低く、審査には複数の書類が必要な上時間もかかり、それでいて融資してもらえない人も多い申し込む難易度が少々高めのものとなっています。

消費者金融のキャッシングは、高めの金利と少なめの限度額、比較的ゆるい審査が特徴となっています。また、金利は高めとは言っても一般的な利用であれば銀行カードローンとそれほど変わらない場合も多いです。消費者金融のキャッシングには銀行カードローンにはない即日融資が可能というポイントがあり、比較的簡単な審査と合わせてお金が必要な際にそれをすぐに借りることができるといったメリットがあります。審査の通貨率は40%から50%と、銀行カードローンの倍程度です。

関連記事

キャッシングの便利さを利用するために必要なのは自己管理能力

未分類

私は今まで、現金支払いしかしたことがなかったのですが、突然地方への転居が決まり、キャッシング、カードローンともに、新生活、一人暮らしを始める際の突発的な資金作りため利用することにしました。 新地ですぐに転職先が見つかるわけでもなく、手持ちの現金もそれほどなかったため、家賃、生活維持費を支...記事を読む

車検費用にカードローンの利用でイメージも変わったエピソード

未分類

急なお金を出費が必要になる事はよくある事だと思いますが、カードローンを利用したきっかけは車の車検費用を支払うためでした。 貯金をしていたのですが、その月に子供の高校入学費用やそれに伴う準備の費用が必要になったので、貯金で補いきれなくなり家族会議を開いた結果、やむを得ずカードローンの利用を...記事を読む

カードローンの加入に前に知っておくべきこととは

未分類

カードローンには、どのような利用方法があるのでしょうか。 もちろんお金を借りる目的で、利用することができます。目的は様々で、買い物や旅行などに使う方法もあれば、引っ越しの費用にも使えますし、急な入院などで借入をすることもできます。それから、複数の借入を一本化する、おまとめローンとして使う...記事を読む

このページの先頭へ