銀行カードローンと消費者金融のキャッシングの違い

カードローンとキャッシングの意味は大きな違いはありません。しかし運営母体が銀行と消費者金融で違うために、その内容は少々異なるものとなっています。ここでは、それぞれの違いとどちらをどんな場合に利用すればよいのかといったことについて描いていきたいと思います。

銀行カードローンの特徴は、金利の低さと借入限度額の大きさ、審査の難しさです。金利が安く済み沢山借り入れることができるのでこれを選ぶ人は多いですが、一方で審査の通貨率は20%から30%とかなり低く、審査には複数の書類が必要な上時間もかかり、それでいて融資してもらえない人も多い申し込む難易度が少々高めのものとなっています。

消費者金融のキャッシングは、高めの金利と少なめの限度額、比較的ゆるい審査が特徴となっています。また、金利は高めとは言っても一般的な利用であれば銀行カードローンとそれほど変わらない場合も多いです。消費者金融のキャッシングには銀行カードローンにはない即日融資が可能というポイントがあり、比較的簡単な審査と合わせてお金が必要な際にそれをすぐに借りることができるといったメリットがあります。審査の通貨率は40%から50%と、銀行カードローンの倍程度です。

このページの先頭へ